問い合わせバスケット ( 0 )
会社情報
  • UMS New Materials Industry Co.,LTD

  •  [Guangdong,China]
  • ビジネスタイプ:メーカー
  • Main Mark: アフリカ , アメリカ大陸 , アジア , 東ヨーロッパ , ヨーロッパ , 中東 , 北ヨーロッパ , オセアニア , その他の市場 , 西ヨーロッパ
  • 輸出国:31% - 40%
  • 本命:ISO9001, ISO14001, CCC, MSDS
  • 説明:防水壁コーティング,地下壁コーティング,コンクリート壁コーティング
UMS New Materials Industry Co.,LTD

UMS New Materials Industry Co.,LTD

防水壁コーティング,地下壁コーティング,コンクリート壁コーティング

Title
  • Title
  • すべて
ホーム > 製品情報 > 防水塗料 > 防水地下コンクリート壁用塗料
オンラインサービス

防水地下コンクリート壁用塗料

共有へ:  
お支払い方法の種類: L/C,T/T,Western Union
Terms of Trade: FOB,CIF
最小注文数: 800
納期: 10
基本情報
モデル:WWP006#
Special Services: Construction Technical Guidance
Additional Info
包装:  成分A:20KG /バレル成分B:10KG /バレル
生産高: 1000000KG/month
ブランド: UMS
輸送方法: Ocean,Land
原産地: 広東
供給能力: 100000KG/month
認証 : ISO9001
HSコード: 3209100000
ポート: GUANGZHOU,ZHONGSHAN,SHENZHEN
製品の説明

防水地下コンクリート壁用塗料

防水壁コーティング 、幅広い用途のためのポリマーセメントベースの防水コーティング、それは防水のために理想的な浴室、浴室および台所ですが、また材料の外壁を防水するために理想的です、同じことは斜面瓦屋根防水に適用されますルーフガター、プレッシャールーフ防水、地下工学、貯水池工学防水。 地下壁コーティング それは湿った(または乾いた)石積み、コンクリート、金属、木、硬質プラスチック、ガラス、石膏ボード、アスファルト、ゴム、ポリウレタンおよび他の草の根に適用することができます。それは新旧の建物のさまざまな面の防水に適用することができます。 コンクリート壁コーティング

防水塗料の特長

優れた防水性能

水タンクおよび他の水容器のための無毒な理想

各種基材への強力な接着

セメント系材料が基材に接続可能

耐候性能


適用範囲

ポリマー複合防水塗料は、ほとんどの基材、壁、ファサード、基礎、擁壁、プール、プランター、ウェットルームフロア、貯水タンクなどに適用されます。

橋の防水塗料、浴室のための防水塗料、地下室のための防水塗料、防水屋根コーティング...



waterproof wall coatings


コンクリート用防水塗料の塗り方

1)粉末材料を液体材料と比例的に混合し(粉末材料に対する液体材料の比は、1成分:0.8:1、2重量成分:1:1である)、次いでそれが3〜5分間完全に攪拌される明らかな粒子や沈殿物のないゼリースタッフになる。撹拌の前に混合材料をしばらくの間脇に置いておくことができれば、それは十分に理解されよう。

2)基材を直接かつ完全にブラッシングする。実際の使用状況に応じて、合計2〜3個のコーティングが好ましい。ブラッシング中に気泡が発生した場合は、繰り返しブラッシングしてガスを換気します。各コーティングの厚さは0.5 mmでなければなりません。

3)再コーティング(2回目のコーティング)は、1回目のコーティングの表面が乾いた後(タッチドライ、25〜30 ℃の 常温で1〜2時間かかります)にのみ適用して ください。コーティング。 2回目のコーティングの前に固化している場合は、それにミストをスプレーして以前のコーティングを保湿します。


basement wall coating


ご注意

特に飲料水のプールや地下室を密閉するときに、適用領域が湿っているかムレがあるときには、コーティングの乾燥を早めるために換気装置を適用する必要があります。

塗料は5〜40 の温度で塗装する必要があり ますが、雨天で の塗装は 避けてください。

素材はしっかりしていて、汚れ、油汚れ、その他の不純物がない状態できれいにしてください。基材の表面上のあらゆる穴、ひび割れはグラウトモルタルによって予め封止されるべきである。

塗料を塗布する前に基材を湿らせますが、その上に明らかな液滴がないことを確認します。

攪拌材料は30分以内に使い切るべきです。

混合材料が濃すぎる場合は、最大3%の水を加えて混合物を薄くすることができます。

塗布前:塗料を塗布する前に基材を湿らせますが、その上にはっきりとした液滴がないことを確認してください。

塗装後:塗装が完全に乾いて固まるまで、踏みつけたり、引っ掻いたり、雨や日光にさらしたりしないでください。

塗装後のメンテナンス:塗装から24時間後に2〜3日間塗装にミストをスプレーするか、または湿った布で覆うことをお勧めします。周囲の環境が十分に換気されていれば、メンテナンス処理時間は短縮されます(塗装後のメンテナンスはさらに防水性能に影響を与えます)。


製品グループ : 防水塗料

この仕入先にメール
その他の製品
サプライヤーと通信?サプライヤー
Thomas Tang Mr. Thomas Tang
何か私にできますか?
今チャット サプライヤーと連絡する